ED治療薬の成分

薬の成分

ED治療薬はどのような成分が配合されているのでしょうか。まず、ED治療薬の代表格であるバイアグラは、シルデナフィルクエン酸塩という有効成分が含まれています。バイアグラよりも即効性が高いとされているレビトラは塩酸バルデナフィル水和物、シアリスはタダラフィルが有効成分で、水溶性が低いことで長時間続くことが特徴的なED治療薬です。

ED治療薬のジェネリック医薬品では、それぞれの新薬の成分が同じように配合されているため、同じような効果を得ることが可能です。新薬より開発コストがかからないために、同じ成分であっても価格がより安いのです。

たとえば、バイアグラのジェネリック医薬品である『カマグラゴールド』は、有効成分が同じシルデナフィルクエン酸塩です。バイアグラが50mgの4錠で大体6000円前後するのが、カマグラゴールドはたったの2000円前後しかかかりません。また、バイアグラには女性専用のジェネリック医薬品が開発されており、『ラブグラ』と呼ばれる女性用バイアグラは、新薬と同じ成分ですが、女性が使用すると膣が濡れやすくなり感度がアップするという効果があるのです。

シアリスのジェネリック医薬品である『タダシップ』には、シアリスと同じタダラフィルが含まれており、効果持続時間は最大36時間ほどです。これはバイアグラの数倍もの持続時間で、ゆっくり効きながら長く持続するという特徴があります。

このように、ED治療薬にはそれぞれ特徴のある成分が含まれており、ジェネリック医薬品も同じ成分で成り立っているのです。ED治療薬は高いというイメージがありますが、ジェネリック医薬品ならお金をかけずに長期間服用できるでしょう。ジェネリックは残念ながら日本では認可されているものがないので、通販サイトで買うことをおすすめします。